~10日間 農業体験セミナー~【第2回 農業インターンシップ】開催

実施報告

津山市地域雇用創造協議会では、第1回農業インターンシップを開催いたしました。

期間は8月29日から9月7日までの計10日間の開催で、農業に取り組んでみたいというやる気に満ち溢れた4名の方にご参加いただきました。

ここではその10日間の様子を、簡単に紹介させていただきます。

8月29日雇用労働センター

初日は今回の研修で講師を担当していただく株式会社FPIの天野講師から、セミナーを通して注意する事として、この時期の野外にいる蛇や虫、植物の中で注意する事を教わりました。

その後、天野講師、先輩就農者いにしえファーム古川氏の自己紹介からでどういった経緯で就農したのかを教えていただきました。そして受講生にも自己紹介をしていただき交流を深めました。

講義の内容は農業の基礎知識、基本的用語から就農する際の制度まで幅広く講義して頂き、最後に受講生の考える年間の栽培計画を発表を行い、天野講師、古川氏にアドバイスを頂きました。

 

 

 

 

8月30日(2回目)

2日目はまほらファームにて鈴木講師による講義内作物の収穫時期、農地、施設、資金の確保方法について講義していただきました。実習体験ではぶどうの収穫、選果、梱包、出荷など一連の流れを教わりました。またブロッコリーを約2000本定植しました。

  

 

8月31日(3日目)

3日目は引き続きまほらファームにて実習体験を行ないました。内容としてはまほらファームで製造、販売を行なっているプリンの原料であるたまごを岡本農園に、生乳を永禮牧場に受け取り、農場、牧場について教わりました。その後まほらファームにてプリンの加工体験を行ないました。

  

9月1日(4日目)~9月4日(7日目)

この4日間は実際に農家の家に泊まり農業を体験して頂きました。畑の畝作りからジャガイモ、たまねぎの植付や実際にトラクターに乗り田んぼの耕作を体験しました。また農家の方々畑を訪問し、様々な作物の見学をおこないました。

  

9月5日(8日目)~9月6日(9日目)

この2日間はまほらファームにてジャガイモ、ねぎの植付や、ぶどうの木へ肥料散布、いちごの手入れとしてライナーの取り付けやダニよけの薬剤散布、草むしりなど実習を主に行いました。

  

9月7日(10日目)

最終日は雇用労働センターにて移住支援制度の説明を行い、その後FPIの中野講師による講義を行ないました。また午後からはまほらファームの鈴木講師もお越しくださりディスカッション形式で農業についてのお話や、質疑応答を行ないました。

  

   

 

TOP